わたしは借金1000万を8年かけて返しました

書籍のチラシ、スポーツ新聞紙、繁華街に貼られた宣伝チラシやDMなどで、「多重負債の整理手伝います」「多重債務を統合したいですよね」などといったアピールを読むことがしばしばです。

これらは、「整頓人」「買取屋」「つなぎ屋」と呼ばれている悪徳業者の嘘広告のケースがあるのです。

こういったものを頼んだ場合では破産申立の中で免責許諾を手に入れられなくなる恐れもありえます。

「整頓人」では、DMなどで借金を抱える人は集め、高額の代金を要求して整理をしますけれど本当は借金整頓は行われず、当人は一層の借金地獄に堕ちてしまうことがほぼすべてと言えます。

「買取屋」の場合当人の分割払いで、電気製品、何らかの利用チケットを多量に注文させて、これらの品物を買った値段の20%もしくは額面半額で買取るというやり口のようです。

負債人は金銭が得られますが、いつかクレジット会社によって商品価格の定額の支払い要求がくることになり、結局のところ債務を悪化させる結末で終わります。

このケースではクレジットカード企業に対しての犯罪として免責承認を手に入れられなくなります。

「紹介業者」というのは、消費者金融から断られるようになった債務者に対し、業者としては貸出は全然せずに、貸出をしてくれる別な会社を呼んで、すさまじい紹介料をもらう悪徳業者です。

紹介屋は専門的なつなぎで資金提供可能となったという口調で会話しますが、現実は何もしないで、ただ単に調査のゆるい業者を伝えているだけなのです。

この場合でも結局のところ負債を増大させる結果に終わります。
http://saimuseiri.xn--xckq9gya9aygb5784d7i0c8vwd7te.com/