ママモデルのダイエット

女性は出産をすると太る傾向にある。個人差はありますが、中には妊娠する前と、出産後の体重を比べると10kg〜20kgも増加する場合があります。それは、お腹に入っている赤ちゃんを守るために脂肪がお腹の周りに付きやすくなったり、栄養を与えなければいけないので食事を通常よりも多くとったり、出産後は骨盤のゆがみや、赤ちゃんをだっこする姿勢で背中が曲がった状態になってしまうのが原因です。ですが出産後でも美しい体型を維持している人もたくさんいます。そこでそんな美しい体型を維持しているママモデルが実践をしている育児をしながらダイエットができる方法を紹介いたします。ママモデルは仕事、家事、育児でとても忙しいです。そんな中でもそんなわずかな時間で行えるものや、家事を併用して行なっているダイエットを実践していることが多いです。 1.料理下半身を鍛える 料理をしている時は、上半身は忙しく動いているものの、下半身は多少の移動のみ、ということが多いものです。そんな時にふくらはぎを上げ下げしてみたり、アキレス腱を伸ばすようにストレッチをして脚をスッキリしていきましょう。また下半身を動かすことで出産時に歪んでしまった骨盤も整っていき、お腹もスッキリしていきます。 2.買い物は自転車でやはり体を動かすことはカロリー消費にもつながります。 人は10分以上運動をすると、脂肪が燃焼されていきます。また、こちらも足を動かすので太ももダイエットには最適です。 3.バランスボールでながらダイエットテレビを見ながら、洗濯をたたみながらバランスボールに乗ります。バランスを取ろうとするので、インナーマッスルや足腰が自然に鍛えられます。バランスモールはショッピングモール、スポーツ用品店、ネットショップでも購入することができます。 体を鍛えて筋肉を増やすと脂肪が燃焼しやすくなり、太りにくい体になります。 ですが、鍛えるのをさぼってしまうと筋肉は脂肪になってしまいます。 また、骨盤を整えないとお腹周りに脂肪が付きやすくなりますので わずかな時間を利用して、毎日続ければ出産後も美しい体型をてにいれることができます。 横浜ランドマークプラザの美容室クオール